RHKplus BLOG.

【Illustrator】ロゴに使えそうなグラフィカルな図形


今回のメニューは ロゴに使えそうなグラフィカルな図形

この春社会人デビューした人は、そろそろ会社に慣れてきた頃でしょうか。 会社には、ロゴマークがありますよね。

会社だけでなく、ロゴマークっていろんなところに使われているのですが

意識してみたことはありますか?

自分は仕事柄、いろんなマークをみてしまいます。

これは自然がテーマになっているなとか、

これはテクノロジーな雰囲気が出ているなとか。

それぞれの形や特徴を意識してみてみると

意外と面白いものです。

今回は、ロゴマークに使えそうな、

イラレの回転技を使って作る図形を紹介します。

立体的なものって作るのが難しかったりするのですが

今回紹介するのは、見た目の割にめちゃカンタンに作れます。

くるっと回転コピーしてグラデーションをかけるだけです。

応用もできるので、覚えておくといろんなシーンに使えるかも!?

会社はどうですか?

謎な疲れとかはでていないですか?

息抜きに是非、くるっと回転させちゃって〜〜〜っ

もくじ 1.材料を揃える 2.円形をコピーして回転させる 3.円形を切り抜き三日月を作る 4.三日月を合せる

5.グラデーションをかける

6.まとめ

1.材料を揃える

まずは正円を用意します。

色はなんでもいいのですが、仮でピンクにしておきます。

オブジェクトからアンカーポイントの追加で、

アンカーポイントを増やします。

2.円形をコピーして回転させる

円形をコピーして片方を72度回転させ、

それぞれ最下部が重なるように合わせます。

3.円形を切り抜き三日月を作る

パスファインダーを使い、

重ねた円形から三日月の形をした図形を作ります。

4.三日月を合せる

三日月を、回転ツールで72度回転コピーします。

72度の回転コピーを繰り返し、合計5枚の三日月を作ります。

5枚のパーツをぴったり合わさるように配置すると

きれいなドーナツ型の図形ができます。

5.グラデーションをかける

ドーナツ型の図形に、好きな色でグラデーションをつければできあがり!

絶妙なねじれ具合!

いい感じの立体感が出ていますね!

ひとつずつグラデーションをかけるのがめんどくさいのであれば、

三日月を回転コピーするときにグラデーションをつけておくのもありです。

6.まとめ

同じような容量で、合わせる三日月の数や、

グラデーションのかけ具合で様々な形を作り出すことができます。

回転させる角度は、『360÷三日月の枚数』です。

是非、自分のベストバランス図形を作ってみてください。

この記事を書くのに、

一体どれだけの回数三日月を回転させたことでしょう・・・

頭も回転させまくったのはここだけの話。

ほどほどに楽しんでくださいね!!!

今回のクッキングはここまで、ではまた〜!

Copyright (C) 2013 RHKplus co.,ltd. All Rights Reserved.

  • Twitter
  • Instagram