RHKplus BLOG.

【Illustrator】イラレ効果で「紙のテクスチャ風文字」を作る!


今回のメニューは

イラレ効果で作る、紙のテクスチャ風文字。

お久しぶりです!

お盆も明けて、いよいよ夏も後半に突入しましたね!

残暑が続くなか、

夏を感じさせるデザインへの対策はできていますか?

私なんぞに言われなくとも

デザインの引き出しはたくさんあるかと思いますが、

ぜひ私からも一つ紹介させてください!

今回紹介するテクニックは

ポップで楽しさを表現したい時に役立つ

「紙のテクスチャ風文字」の作り方を紹介します。

残りのアツイ夏を

アツイデザインで締めくくりましょう!!

もくじ 1.材料を揃える

2.アピアランス:「塗り」と「線」を設定

3.アピアランス:「テクスチャ」を設定

4.アピアランス:「パスの変形」→「ラフ」を設定

5.アピアランス:「ドロップシャドウ」を設定

6.もう一度アピアランス:「パスの変形」→「ラフ」を設定

7.まとめ

1.材料を揃える

まずはじめに、お好みのテキストを準備します。

2.アピアランス:「塗り」と「線」を設定

文字を選択し、アピアランスにて

「塗り」と「線」の設定をします。

このとき、アピアランスの塗りレイヤーは4つの階層にします。

上から、

「カラー塗り①」

「カラー塗り②」

「白い線」

「白い塗り」

の順で並べます。

そして上から1番目の「カラー塗り①」レイヤーに

「不透明度:100% 焼き込みカラー」を設定。

3.アピアランス:「テクスチャ」を設定

アピアランスにて

1番上の「カラー塗り①」を選択し、

「テクスチャ」→「テクスチャライザー」で「テクスチャ:カンバス」を選択。

数値などはお好みで設定。

4.アピアランス:「パスの変形」→「ラフ」を設定

次に上から三番目の「白い線」のレイヤーを選択し、

「パスの変形」→「ラフ」をお好みで設定。

5.アピアランス:「ドロップシャドウ」を設定

文字を選択し、全体に「ドロップシャドウ」を設定します。

6.もう一度アピアランス:「パスの変形」→「ラフ」を設定

今度は、全体に「パスの変形」→「ラフ」を設定。

あとは出来上がりを見ながら

各設定を調整して完成です。

7.まとめ

この効果を文字と合わせて

写真やイラストなどにも反映させてあげると

雰囲気を一層深めた表現ができます。

いろいろな効果を組み合わせているので

自分の好みに仕様を変えるのも

新たな表現を見つけることができて

楽しみながら製作できますね!

今回のクッキングはここまで。ではまた!

Copyright (C) 2013 RHKplus co.,ltd. All Rights Reserved.

  • Twitter
  • Instagram