【Illustrator】お手軽!ポリゴンっぽいパターン制作術で時短デザイン


今回のメニューは

イラレで作るお手軽ポリゴンっぽいパターン

ポリゴンパターン

デザイン制作時、背景に悩んだ経験をお持ちの方は

たくさんいるかと思います。

なんだか余白が気になってくる。

だけど特にモチーフも思いつかないし

良い背景パターンも思いつかない。

背景なんかに時間をかけるのも癪だし、

サクッと作れる背景なんてないかな、と。

そうだ、ポリゴンパターンがあるじゃないか。

多面的なデザインには様々な意味合いを持たせることも

できるし、幾何学的な模様もなんかオシャレだし、

カラフルにしてしまえばそれだけでビジュアルとして

成立しそう。

だけど、ポリゴンパターンはなによりも作るのが

めんどくさい。

多面的であるがゆえに複雑な形をつくらないといけないし、

なによりもカラーリング、色の設定を一つづつ

していくなんて面倒過ぎて手が出ない。

せっかく思いついたけど面倒だからやめとこう…

なんて思われていませんか?

お待ち下さい。ポリゴン(風)パターン、

簡単に作れますよ!

もくじ

1.材料を揃える

2.モザイクオブジェクトの作成

3.モザイクオブジェクトを反転

4.まとめ

1.材料を揃える

青空の画像

まずは適当にキレイな画像を用意します。

今回は青空の画像をチョイス。

2.モザイクオブジェクトの作成

モザイクオブジェクトを作成 設定

配置した画像を埋め込み、

ファイルメニュー>オブジェクト>モザイクオブジェクトの作成を、

上記のような設定で作成。

正方形に変形

作成したオブジェクトを正方形になるように

変形して調整。

シアー変形 設定

正方形に調整したオブジェクトを、

上記の設定でシアー変形。

3.モザイクオブジェクトを反転

反転コピー

シアー変形したオブジェクトを、

コピーして反転。

コピーしたオブジェクトをオーバーレイ

反転したオブジェクトの描画モードを

オーバーレイに。

マスクをかける

あとは使いたい範囲を中心に マスクをかけて完成。

その後はパターンに設定してあげると

使いやすかったりします。

4.まとめ

今回のミソは、ポリゴンパターンのカラーリングを

写真から抽出するところにあります。

ポリゴンのパターンの形状自体はそれとなく作れますが、

カラーリングの設定は手間が掛かり過ぎる。

そこをキレイな写真からカラーを抽出することで

時間短縮につなげています。

今回のクッキングはここまで。ではまた!